ウェディングドレス等、衣裳合わせはいつ頃行けば良いですか?

今日のテーマは、衣裳合わせの時期について

衣裳合わせの時期は、挙式日時・会場が決まったら直ぐに下見開始です。

まずは、気に入ったら仮押さえして、何度か見直す位の感覚が良いでしょう。

どうしても早い者勝ちで、押さえる事です。

その後、新作発表会などのブライダルショーを見学。

新作に気に入った衣裳があれば、変更する事が出来ます。

但し、新作は料金が上がる可能性がありますので、予算とも相談です。

ただ、OKI Bridalの予算組は、お客様が何に一番予算を使いたいかなど、

選ぶことが出来ますので、衣裳に予算を使いたい場合は、

予め専属プランナーに伝えて下さいね♪

それでは、皆様のご相談をお待ち致しております♪

和装・洋装をご予算に合わせて自由に選べますよ♪

結婚式をプロデュース会社に頼むと高くなる?

今回は、結婚式をプロデュース会社に頼む場合について

一般的には、結婚式の費用+プロデュース料が必要なので、

費用は高くなりますが、自由な発想で結婚式を二人ならでは!!の形に出来ます。

では、OKI Bridal (オキブライダル) に頼んだら?

OKI Bridal (オキブライダル) も結婚式のプロデュース会社ですが、見積・相談・プロデュースで

料金を頂いておりませんし、企業努力により、かかる費用を出来るだけ少なくするので、

結果的にお客様の費用としては安くなります。

ここで、もう一つ重要なことは、価格は安くなりますが、質は下げておりません。

逆に出来るだけ質を上げていきます!!

どの様にして?と疑問を持たれると思いますが、OKI Bridal (オキブライダル) がプロデュースする場合、

会場様には、料理・飲物・会場設備使用料以外は、外注させて頂いております。

OKI Bridal (オキブライダル) が仕入して持込させて頂きます。

この業者様については、結婚式場・ホテル・レストラン様と同じ業者様となります。

なので、使う商品等はすべて同じものです。

この事により、質の良い商品を出来るだけ安くお客様に提供する事が出来ます。

その分、OKI Bridal (オキブライダル) の負担は増えますが、少しでもお安くお客様に提供できる様、企業努力により頑張っております。

そのため、会場予約も含めてOKI Bridal (オキブライダル)を通して予約頂く必要がございます。

直接会場様にご予約された場合は、申し訳ありませんが、OKI Bridal (オキブライダル) で結婚式を承ることが出来ませんので、ご理解の程、宜しくお願い致します。

あくまでも、OKI Bridal (オキブライダル) から紹介するお客様に限りという条件で、会場を使用する契約を行っておりますので、ルール上OKI Bridal (オキブライダル) を通して予約する必要がございます。

詳しくは、ご相談にお越しの際にご説明致します。

それでは、皆様のご相談をお待ち致しております。

ご予算に合わせて自由に選べるフリープラン♪

挙式スタイルは、どの様に決めるのですか?

今日のテーマは、挙式スタイルの決め方について

皆様は、結婚式をする際にまず考えるのが…

結婚式(挙式・披露宴)を両方やるか?

挙式のみ又は、披露宴のみ若しくは、挙式・披露宴の両方という形になります。

さて、挙式をどのスタイルで挙げるか?

まず、挙式の種類については、大きく4種類に分類されています。

ただ、宗教の関連となるで、細分するとかなりの数になりますが、日本で行われている一般的な宗教を基に4種類と述べております。

  1. 神前式 神様の前に二人の結婚を報告し、幸福を祈願するスタイル。
  2. 仏前式 現世で結ばれたことを先祖に報告し、仏前で末永く正しい結婚生活を送ることを誓うスタイル。
  3. キリスト式 神様と列席者の前で結婚を誓うスタイル。
  4. 人前式 神道・仏教・キリスト教、その他どんな宗教にもよらず、知人、友人、親族の前で結婚を誓うスタイル。

上記の4種類に分類いたしますが、見ての通り1~3は宗教で、4だけは宗教宗派に関係ない挙式スタイルです。

なので、1~3で挙式される場合は、ご両家でよく相談をして、宗教上問題がないかの話し合いが必要です。新郎新婦は、あまり気にしないかもしれませんが、

ご親族との関係もあるので、ご両親も含めよく相談して下さいね♪

勿論、挙式場や費用もかなり違いがありますので、OKI Bridal では、

初期段階で、ご両家の相談を促した上で、挙式スタイルを決定致します。

ご相談にご来店の際は、もっと詳しいご説明をした上で進めますので、

安心してご相談下さいね♪

それでは、皆様のご相談をお待ち致しております。

結婚式は、大安日に挙げないといけませんか?

最近の結婚式では、新郎新婦は、あまり気にされなくなってきていますが、

ご両親やご親戚の方々は、まだ気にされているようです。

今日のテーマとしては、六輝(ろっき)・六曜(ろくよう)二通りの言い方がありますが、同じだと考えて下さい。について…

少しブログってみますね♪

決論から言うと、大安日に挙げないといけないとか、結婚式を挙げてはいけない日等もありません。

時間帯により挙げても良いかな?という時間帯がそれぞれにあります。

それでは、六輝(ろっき)・六曜(ろくよう)の意味と挙式を挙げるなら、この時間帯で、挙げましょうというおすすめの時間帯。

先勝(せんしょう/せんかち)は、早くことを済ませてしまうことが良いとされる日。「先んずれば即ち勝つ」の意味。

午前は吉、午後は凶と言われる。

友引(ともびき)は、勝負の決着がつかない良くも悪くもないとされる日。

朝晩は吉、昼は凶と言われる。

先負(せんぶ/せんまけ)は、急用は避けるべきとされる日。

午前は凶、午後吉と言われる

仏滅(ぶつめつ)は、六曜における大凶日。もとは「虚亡」といい勝負なしという意味。全てが虚しいと解釈して「物滅」と呼ぶようになり、仏の功徳もないという意味に転じて「佛(仏)」の字が当てられたものの様です。

ただ、仏滅の次の日は大安なので、午後からは大安に上ると言う事から

それ以上、下がることはないので、佳い日とも言う考え方があるようです。

大安(たいあん)は、万事進んで行うのに良いとされる日。

「大いに安し」の意味。

六曜の中で最も吉の日とされる。

何事においても吉、成功しないことはない日とされる。

赤口(しゃっこう/しゃっく)は、正午の前後を除いて凶日とされる日。

午前11時ごろから午後1時ごろまでのみ吉で、それ以外は凶とされる。

と言う事で、一般的には、吉となる時間帯に挙式を挙げれば良いと言う事になります。仏滅の日は午後からという感じです。

占いみたいな感じで、良い事だけ信じて下さいね♪

信じる、信じないは、自己責任でご判断されているのが実情です♪

一応参考までにブログってみました♪

それでは、皆様のご相談をお待ち致しております。

結納はやるべきこと?

今回のテーマは結納です♪

結納はやった方が良いのですか?とよく質問があります。

以前は、家と家の縁組と言うケースが多かったので、一般的に結納を行っておりましたが、現在は、本人同士の恋愛結婚と言うケースがほとんどなので、

20組に1組あるかないか?位の割合。5%以下という数字が出ています。

ただ、ご両家の顔合わせ的な食事会は行われております。

だからと言ってやった方が良いかについては、養子縁組を除いては、

新郎側から「今回は、簡単に結納を済ませましょう。」なんて言葉を使ってはいけません。タブーですよ!!⇒大事な娘を簡単に貰う!!と怒られますからね。

新婦側からなら、結婚後もお金もかかるし大変なので、「結納は簡単にするか食事会で、顔合わせだけにしましょう!!という感じならOKです。

この様な会話をする前にお二人、ご両親でよく話を済ませてから、

結納などをどの様にするか決めましょう♪

勿論、OKI Bridal にご相談頂けたら、様々なアドバイスをしながらお話を進めていきます。

何でも、お気軽にご相談下さい♪

それでは、皆様のご相談をお待ち致しております♪

結納は、簡単に済まされるところが増えています。

結婚式の準備期間はどの位かかりますか?

今日のテーマは、結婚式の準備期間です。

OKI Bridal (オキブライダル)では、最短で1か月で挙式可能です。

通常ですと3か月あれば、十分です。

お急ぎの方は、1か月で挙式出来ますが、同時進行で色々な準備致しますので、お二人は少し大変ですよ!!

準備期間が3か月程度ある方は、通常の結婚式の段取りで出来ますので、慌てなくても大丈夫です。

以前は、6か月~1年程度が準備期間と言われていましたが、OKI Bridal の場合は、複数の会場で手配が出来ますので、ご希望の挙式日で空いている会場がありますから、安心してお任せ下さい!!

準備期間が1年位必要だったのは、会場の空き状況が1番の要因でしたからね♪

それから、OKI Bridal では、挙式日までのスケジュールをしっかり組んでいますので、OKI Bridal の案内通りに宿題(準備課題)を提出頂ければ、ゆっくり当日を迎える事が出来ます。

準備をスムーズに進めるために、1組に1人の専属プランナーがお二人と一緒に結婚式を準備しますので、困ったことは全て専属プランナーにご相談下さい。

挙式希望日に合わせて会場を準備致しますので、安心してお任せ下さい♪

結婚式の招待人数は、両家で揃えるの?

今回のテーマもよくある質問です。

結婚式の時に両家の招待人数は揃えた方が良いのですか?と

よくご質問を受けますが、

答えとしては、式場(収容人数)に入る人数で揃える場合は、ありますが、基本的には、揃える必要はありません。

なぜ?

結婚式は挙式と披露宴という形で行われるケースが多いのですが、挙式は、儀式。披露宴は祝宴、宴席という形ですが、

ご披露宴では、結婚式後にお世話になる方々へのお礼、感謝、今後の夫婦生活でのご支援をお願いする場という意味合いが強いので、出来るだけ多くの方々を招待する良い機会となります。

なので、沢山の方々に来て頂く必要があります。

そのため、人数制限はありません。あるとしたら会場の収容人数なので、先日も書いたように、会場選定は一番最後になります。

事例としては、地域にもよりますが、遠方に嫁がれる場合に

挙式・披露宴を新郎の地域と新婦の地域で2回挙げられる場合もあり、この時には、新郎側が新郎と両親で、あとはすべて新婦側で100人規模と言うケースもありました。

挙式では、挙式場の収容人数の関係で、新郎側18人新婦側12人というケースの場合は、15人と15人で均等に混ざって座って頂いたケースもありました。

OKI Bridal(オキブライダル)では、様々な事例も含め疑問質問にもお答えしながら結婚式をプロデュース致します。

まずは、お気軽にご相談下さい

会場は、ご招待予定人数に合わせて選定致します。

結婚式の費用?

よくある質問で、結婚式の費用はどのくらいかかりますか?

わかりやすいのは、ご招待の人数×25,000円~50,000円以上

この差は何?

答えとしては、挙式・披露宴の会場により差が出てしまいます。

OKI Bridalでは、お客様のご予算内で最大限ご要望を実現できる会場という形でご提案するので、挙式・披露宴の会場を最後に決定する事をご提案しています。ご招待の人数は、できるだけ多いほうが、手出し額は楽になりますよ!!

一般的には、あの会場で結婚式を挙げたい!!という感じで、挙式・披露宴の会場を決めてから…なので、予算オーバーという結果になる方々多いようです。

OKI Bridalは、お祝い金の範囲内で、お客様のご要望(予算を含む)を最大限実現する二人ならではの結婚式をご提案致します。

まずは、お気軽にご相談下さい。

挙式スタイルは、宗教・宗派に合わせて、ご自由にお選び頂けます。

結婚式の相談って、どんな感じ?

1月10日に佐賀新聞の「さが婚」にOKI Bridalの取材記事が、掲載されたのですが、取材に来られた記者さんもお尋ねになったことですが、結婚式を挙げられていないお客様がどんな感じでご相談に見えるのか?

当社にご来店される方は、新郎新婦、ご両親、ご友人、会社の同僚の方等、様々な方々が相談に来られます。

ご来店の際は、結婚式が出来ますか?プレゼントできますか?新郎新婦当人ではありませんが、相談できますか?等々、色々な思いでご来店されています。

相談場所は、お客様のご都合の良い場所、ホテル、レストラン、ご自宅、OKI Bridalのカウンター等、どちらでも相談を承っております。

まずは、お気軽にお電話、LINE、メールで相談予約をお願いいたします。

皆様のご相談をお待ち致しております♪♪♪

結婚式は、挙げますか?

今の結婚式事情としては、入籍の半分くらいしか挙げられていません。

以前は、入籍と結婚式はセット感覚で、70%以上が挙げられていました。では、結婚式を挙げていないカップルに結婚式はあげたいですか?と尋ねると…80%以上のカップルが挙げたいと回答されています。

なぜ?結婚式を挙げないのかと尋ねると…お金がない、面倒くさい、妊娠したので…等々、様々な理由を回答されます。

そこで、OKI Bridalでは、挙げない理由をお客様と一緒に考えて、その問題を乗り越えることで、結婚式を挙げるご提案を行う結婚式の相談所として、活動しております。

結婚式を諦めずに、まずは、OKI Bridalに相談してみて下さい。

それでは、皆様のご相談をお待ち致しております♪